かぼす知っ得情報

かぼすの由来

かぼすは江戸時代の元禄八年(1695年)この地の医師宗玄が中国の僧から苗を譲り受けて以来、各地で栽培されて今日に至ったと伝えられています。
「かぼす」はみかんに似たカンキツの一種ですが、その類まれな芳香と万病に効くといわれる不思議な薬効が数知れず、風邪の予防薬、整腸剤、ヒビやアカギレの薬などの薬用として使われてきました。

また蚊やブヨをいぶず薬としても使われたことから「カイブシ→カブシ→カボス」になったと伝えられています。

驚きのカボスの栄養

クエン酸たっぷり

カボスはビタミンCの宝庫です。含まれている酸の種類も多く、特にクエン酸の含有量は他の柑橘類に比べ群を抜いています。かぼすに多く含まれているクエン酸は、食酢などに比べると酸味がまろやかです。

毎日の健康維持に!!

カボスは、ビタミンCの宝庫。また、ギ酸やリンゴ酸、クエン酸、ミネラルなどの成分が多く含まれています。お肌の健康や毎日の健康維持に気をつけている方々に当園のかぼすはご愛用いただいております。

柑橘類のクエン酸含有量(100gあたり)
東京医科大学分析結果(テレビ東京放送)

かぼす果汁の飲み方

毎日朝夕さかずき1杯程度の果汁を水またはぬるま湯でうすめてお飲みください。
続けてお飲みいただくと効果大です。ハチミツ等をブレンドすればおいしいジュースとしてもご利用いただけます。

CALENDAR

2022年08月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2022年09月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
  • 定休日
0974-22-7292
[電話] 平日 8:00~16:30 土曜日(9,10月のみ営業) 8:00~12:00
[FAX・メール] 24時間(年中)
定休日:日曜・祝日